資産相続税に強い税理士、経営がわかる税理士

HOME > 遺産相続・相続税についてのお得情報 > 相続税についての基礎知識 > 孫に贈与税0円で高額なお年玉をあげるには

● 孫に贈与税0円で高額なお年玉をあげるには

大きな金額のお年玉には贈与税がかかる可能性が

一年に一度訪れるお正月。
お孫さんには、たくさんのお年玉をあげて喜んでほしい、
そうお考えの方も多くいらしゃることでしょう。
しかし、あまりに大きな金額になった場合、「贈与税」の対象となります。
多額の贈与税が課税されては、せっかくの喜びも目減りしてしまいます。
贈与税が0円になる方法を利用して、上手にお年玉を渡しましょう。

控除を利用して、課税を0円に収めましょう

贈与税は、基本的に1月1日~12月31日の1年間に、
どれだけの金額を贈与されたかで決定します。
贈与した金額には、総額から110万円を控除することができますので、
まずこれを覚えておきましょう。
この控除額を下回る金額であれば、贈与税の課税対象とはならないので、
税率0円でお年玉として譲ることが可能です。
贈与税の申告も不要ですから、高額のお年玉をということであれば
110万円の上限を超えない範囲に収めればOKです。
しかしながら、お孫さんの将来のことなどを見据えて、
これより大きな金額を送りたいという場合には、少し注意が必要です。
前述のとおり、年間110万円を超える金額に関しては贈与税がかかるので、
「お年玉」として渡すと課税対象になる可能性が高くなります。
この場合、子どもの教育資金・生活費などに充てる名目のお金にすれば、
贈与税の対象外、すなわち0円でお金を送ることが可能です。
よって、もし多額のお金を渡したい場合には、
教育費の一環として渡すのが賢明でしょう。
ただしこのとき、譲った金額を娯楽や遊興に使うことはできませんので、
この点に関しては留意が必要です。

代表プロフィール

下村昇治(しもむらしょうじ)

好きな言葉
「まずは挨拶」

所長ご挨拶ページへ

下村昇治