欠格・廃除とは?

相続欠格とは、被相続人を殺害したり、強迫して遺言を残させるなど、相続の秩序を乱す非行を働いた相続人に対し相続権を法律上はく奪する民事上の制裁の事をいいます。
そして、相続廃除とは、相続欠格にまでは至らないものの被相続人に対する虐待や侮辱、非行などがある場合被相続人の意志にもとづいて、相続権をはく奪する制度のことをいいます。
これらの制度は、子供へは引き継がれる事はないため欠格や廃除を受けた人物の子は代襲相続になります。

欠格事由と廃除事由

欠格事由は、「故意に被相続人を死亡するに至らせ刑に処せられた者」など5つの事由が法律上定められ該当する者は、法律上当然に相続権を失います。
しかし、廃除に関しては、「被相続人に対し虐待・重大な侮辱をした」「著しい非行があった」という廃除事由に該当し、遺留分を有する推定相続人に、被相続人が意志を持って一定の手続きを行う必要があります。

廃除の手続

廃除を行うには、生前に被相続人が家庭裁判所に廃除の請求をします。
請求を受けた家庭裁判所では、廃除事由の調査、審判を行い相当であると認められると、当該相続人は相続権を失います。
また遺言によって、廃除に意志を示す方法もあります。
この場合、相続開始後に遺言執行者が家庭裁判所に廃除の請求を出します。
しかし、この方法は被相続人の死後に行われるため遺言執行人がたくさんの証拠資料を揃えなくてはなりません。
当然、廃除請求を受けている本人からも反論があるでしょう。
そのため、廃除をのぞむなら生前の手続きと遺言での廃除の両方を行うことで確実になるでしょう。