相続税の申告は10カ月以内

相続税の申告は、被相続人が死亡した翌日から10カ月以内に、被相続人の亡くなった住所地管轄の税務署にて行わなければならないと定められています。
もし、この期限内に申告をしなかった場合には相続税以外に加算税や延滞税等の税金が課税されることになります。
相続税の額が大きい場合は、これらの加算税・延滞税も高額になるため、注意が必要です。
ここでは、相続税の申告を忘れるなどした際に課税される税金について詳しく見ていきます。

無申告加算税

正当な理由なく、期限内に申告しなかったとき課せられる税金です。
税務調査により期限後に申告をした場合は納税額の15~20%、期限後に自主的に申告をした場合は、納税額の5%の税率で課税されます。

過少申告加算税

申告期限内に提出された申告書の記載額が過少であったとき課税される税金です。
ただし、正当な理由があったり、修正申告をした場合は課税されません。

重加算税

隠ぺいや偽装があった時に課される追加課税です。
申告書を提出していた場合35%、していなかった場合40%の税率で追加課税されることになります。

延滞税

期限内に税金が納付されなかった時、発生する税金です。
納付期限翌日から納付される日までの日数におうじて、延滞金が自動的に課されることになります。
納付期限翌日から2か月を過ぎるまでは年7.3% それ以降は年14.6%の税率で課税されます。
期限内に申告し納税すれば加算される事のない税金です。
専門家に相談して期限内に申告手続きを完了させることをお勧めいたします。