配偶者の親の遺産はもらえない

配偶者の親の遺産の相続の権利はありません。
例えば、旦那さんのお父さん(義父)が亡くなった時のことを考えてみましょう。
この場合、法定相続人は配偶者(義母)とその子供、つまりは旦那さんになります。
旦那さんに兄弟が一人いたとすると、その相続の割合は配偶者(義母)が2分の1、子供である旦那さんとその兄弟が4分の1ずつになります。
この様に、遺産相続では配偶者もしくは血縁関係があるかを見ているため、義母や義父からの相続はできません。

孫がいる場合の子供の遺産はもらえない

孫がいる場合、子供の遺産は相続することができません。
子供が無くなった場合、その子供(息子、娘)にすでに子供(孫)がいると親は自分の子供の相続をする事はできません。
相続の割合は、子供の配偶者が2分の1、その子供(孫)が2分の1になります。
血縁関係があっても、子供のいる子供からは遺産相続はできないのです。
ただし子供に子供がまだいない場合は、配偶者3分の2、父母が3分の1で遺産相続することができます。

相続が複雑な子供のいない夫婦

夫婦に子供がいない場合、相続は少し複雑になります。
例えば、長年連れ添った子供のいない夫婦の夫が亡くなった場合妻が受け取る遺産は4分の3、夫の兄弟姉妹が4分の1という割合になるのです。
普段から交流があれば良いのですが一度も会ったことがない兄弟や甥や姪と遺産を分け合わなければならなくなると、事態は複雑になってしまいます。
こうした状況を防ぐためには遺言書を作成しておく必要があります。