相続対策

相続税の対策は様々あるのですが、大きくは以下の3つに分けられます。

【財産移転対策】

相続争いを回避し円満に相続するための対策で気をつけたいのが「共有」です。
預貯金のように簡単に分けることができない不動産は一旦「共有」して相続されるケースが多いのです。
しかし、売却などの場合は共有者全員の同意が必要となるため簡単に動かせなくなります。
また、固定資産税などの納付の問題も発生するので共有による不動産の相続はなるべく避けるべきです。

【財産評価対策】

相続財産の評価額を下げることで相続税の軽減を図る対策で、よく用いられている方法が「賃貸マンションの建設」です。
賃貸用の建物を建設し実際に賃貸することで、更地の時よりも土地の相続税評価額は大幅に引き下げられます。
しかしマンション建築には莫大な費用もかかり、建築後も空室を発生させないように入居者を入れなければならないので慎重に検討しなければなりません。

【財産調達対策】

どの財産からどのくらい相続税の納税資金を調達するかについての対策です。
収益物件を生前贈与により相続することは大変有用で生前贈与にしてもらうことで家賃を納税資金にすることができます。
また、預金があっても物納にするという方法もあります。
相続税納付期間中に相続財産を現金化するために財産を相場より安く手放さざるを得ない事態が生じるなどの場合、物納を利用することで 相続人の損失を防ぐことが可能で、国債や不動産、株式などが物納として可能です。