成年後見制度とは

成年後見制度とは知的障害、精神障害、認知症などによって、判断能力が不十分な方が、不利益な立場とならないように家庭裁判所に申立てをし、援助する人を付けてもらう制度です。
判断能力の不十分な方は,預貯金や不動産などの財産を管理するのも難しく、遺産分割の協議が必要でも、自分で判断し、行動にうつすことができない場合があります。
これによって、的確な判断ができずに不当な契約を結んでしまう恐れもあります。
そのような時、その方々を保護し・支援するのが成年後見制度です。

成年後見制度を利用する

制度を利用すると,家庭裁判所が選任した成年後見人が、その方の利益を考え代理人として契約できます。
また、本人または成年後見人が、行った不利益な行為を後から取り消すこともできます。
認知症の老人が、今流行りのオレオレ詐欺や、悪徳訪問販売で高額な商品を買ってしまうような被害にあわないよう、
法律的に支援する成年後見制度の活用が、積極的に進められています。
成年後見制度は、普段のスー パーでの買い物や洋服や靴を買ったりするような日常生活に必要な行為に関しては、本人が自由にできます 以前まで障害に関して、戸籍に記載されていましたが、
プライバシーの保護や成年後見制度を考慮し、現在では戸籍には記載されていません。
必要な際に、本人や成年後見人が請求すると、法務局から登記事項証明書が発行されます。
これを示すことにより、安全で円滑な取引ができます。

認知症の親の相続税対策など、成年後見制度を利用しても、納得する結果になるとは限りません。
早いうちに、専門家にご相談ください。