遺言書の種類

遺言書とひとくちに言っても、
1遺言者が全ての内容を手書きで書き遺す、自筆証書遺言
2内容を秘密にしたまま、密封し公証人立会いの下、存在を明らかにし、署名捺印は遺言者の手書きである、秘密証書遺言
3公証役場にて公証人に作成してもらう公正証書遺言
の3種類があります。

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言は、遺言者が、全て自筆で書き、署名捺印し、日付を書くのが基本で、少しでもパソコンや、他の人の手が加わったものは、自筆証書遺言とはなりません。
ただし、基本さえ押さえてあれば、紙の切れ端やノートのかたすみであっても有効です。

秘密証書遺言の書き方

秘密証書遺言は、遺言者が作成した遺言書を公証人へ持っていき、遺言書の内容を秘密のまま、存在のみを公証人に証明してもらいます。
遺言書は、自分で署名捺印すれば、代筆やパソコン使用も可能です。
秘密を守るため封筒に入れて密封し、遺言書と同じ印鑑で封印しなくてはいけません。
そして、その遺言書を持って、2人以上の証人と、公証役場に行き、公証人、証人の前で封書を提出します。
公証人が遺言者の遺言書である旨の申述や、日付を書いてくれ、遺言者、証人ともに、署名・押印することで遺言書が作成されます。

公正証書遺言の書き方

遺言者を証明する実印や印鑑証明書などを持ち、2人以上の証人と共に、公証役場へ行き、遺言者が遺言の内容を口頭で述べます。
公証人は、遺言者が述べた内容を筆記し、それを遺言者と証人に読み上げ、遺言者と証人が確認した後、署名押印をします。
そして、公証人が作成した旨を付記し、署名、押印し保管します。