相続税の納税義務者とは

相続税の納税義務者とは、基本的に基礎控除を受けられない相続人です。

<相続税の基礎控除>

相続税には基礎控除があります。
相続税の基礎控除額は、次の算式によって決まります。
「5000万円+1000万円×法定相続人の数」
配偶者と子どもが二人いる場合、基礎控除額は8000千万円になります。
そうするとこの場合、8000千万円を超える財産を相続した時に、初めて納税義務が発生します。

<相続人>

相続税の納税義務者は、基本的には基礎控除を受けられない、民法で定められた法定相続人です。
法定相続人とは、次の人です。

① 被相続人(亡くなった人)の配偶者。
② 被相続人の子どもや孫。

配偶者は常に法定相続人となります。
子どもや孫がいない場合、法定相続人は父母や祖父母です。
父母や祖父母がいない場合だと、兄弟姉妹や甥や姪になります。
配偶者がいない場合は、子どもや孫が法定相続人になります。

<遺贈あるいは死因贈与による財産の相続人>

遺贈あるいは死因贈与による財産の相続人も、相続税の納税義務者となります。
遺贈とは、遺言によって被相続人の財産を、他人に無償で与えることです。
死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力が生じる、生前の財産の贈与契約です。