<相続税を申告しない人>

殆どの人は相続税の申告義務はありません。
相続税には基礎控除がある為です。
相続税の基礎控除額は、次の算式により計算します。

「5000万円+1000万円×法定相続人の数」

基礎控除の対象になる人は、相続税を申告する必要はありません。
しかし、申告が不要なことを示した書類を、提出しないといけません。

<相続税を申告する人>

基礎控除の対象にならない人は、相続税の申告義務があります。
相続税の申告期限は、相続開始を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から、10ヶ月以内となっています。
申告は、被相続人が亡くなった時の住所地を管轄している税務署で行います。

<相続税の優遇措置を受ける人>

相続税には、相続人の生活保障等を考慮して様々な優遇制度があります。
例えば、次のような優遇措置があります。

・配偶者の税額軽減。
・小規模宅地の評価減。

優遇制度を利用すると、相続税がかからなくなります。
優遇措置を利用する場合、相続税の申告をする必要があります。
申告しないと優遇措置は受けられません。
申告の際には、優遇制度を利用出来る相続人であることを証明する書類等を、提出しなくてはいけません。