<以前までの相続税>

財産を相続しても、必ず相続税がかかる訳ではありません。
相続財産が一定額以内であれば相続税はかかりません。
その一定額を基礎控除額と言います。 以前の相続税では、「5000万+1000万×法定相続人の数」が基礎控除額になっていました。
例えば、相続人が妻と子どもが2人だった場合は、8000万円まで控除されるので、それより少ない場合だと相続税はかかりません。
また、以前までの最高税率は、法定相続人の取得金額が3億円以上で50%の割合、相続税がかかる人は、全体の4%程度だと言われていました。

<2015年以降の相続税の大増税>

しかし、2015年1月1日以降、相続税は大増税されました。
政府はこの増税の目的として、バブル後の地価の大幅下落等への対応と格差の固定化の防止等を上げています。
これにより、相続税の基礎控除は引き下げられ、最高税率は引き上げられました。 2015年からの基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」になり、控除額は4割少なくなりました。

また、最高税率は、法定相続人の取得金額が6億円以上で55%になります。
2015年以降に東京都内で相続税を納める必要がある被相続人(死亡者)の数は、以前までの約9400人(2010年の実績)から約1万9700人に倍増すると予測されています。
これは都内の年間の死亡者数(約10万人)の約2割に相当します。

2015年以降、相続税は多くの人にとって身近な問題になりました。
自分には関係がないと思わず、相続税への備えを怠らないようにしなければなりません。