相続財産には、課税対象となる財産と課税対象とならない財産があります。

相続税の課税対象とならない財産は、非課税財産と言います。
非課税財産は、社会通念上、相続税の課税対象とするべきではないと考えられている財産のことです。
具体的には、墓地、公益事業用財産、寄付金、などです。

また、課税対象の財産であっても、非課税になる部分もあります。

<非課税財産>

①墓地や祭具

墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている財産です。
墓地を亡くなる前に購入すると、節税対策になります。

②公益事業用財産

宗教、慈善、学術などの公益を目的とする事業の財産です。

③寄付した財産

相続した財産のうち、申告期限までに公益法人等に寄付した財産などです。

<非課税になる財産分>

① 生命保険金

生命保険金のうち、「500万円×法定相続人の数」の額までは非課税になります。

事例・・・
生命保険金が1500万円で、法定相続人が2人の場合は、1000万円は相続税の課税対象となりません。
課税対象になるのは、500万円です。

1500万円 - (500万円 × 2) = 500万円

② 死亡退職金

死亡退職金のうち、「500万円×法定相続人の数」の額まで非課税になります。
計算の仕方は、生命保険金と同じです。

③ 慶弔金など

④ 年金

年金には、亡くなった後ももらえるものがあります。
例えば、郵便年金や個人年金などです。