相続税の課税対象となる財産は、相続又は遺贈によって取得される財産です。
相続とは、誰かが亡くなった後、その人(被相続人といいます)が所有していた財産を受け継ぐことです。
遺贈とは、遺言によってその人の財産を他人に無償で与えることです。

<相続税の課税対象となる財産>

対象となる財産は、具体的には次の①~③に大別出来ます。

①本来の相続財産

本来の相続財産とは、被相続人から相続又は遺贈により取得される財産です。
これは民法の規定に従うものです。

  • 土地 → 田畑、宅地、山林など。
  • 家屋 → 家屋、建築物。
  • 事業(農業用) → 機械器具、農耕具、備品、商品、原材料、売掛金、営業権など。
  • 有価証券 → 株式、公債社債、投資、貸付信託など。
  • 預貯金 → 現金、小切手、為替、手形など。
  • 家庭用財産 → 家具、書画、骨董(こっとう)など。
  • その他 → 立ち木、果樹、船舶(せんぱく)、自動車など。

②みなし相続財産

みなし財産とは、相続財産とみなされる、という財産です。
これは、被相続人が死亡したことによって発生するものです。
みなし財産は、民法で規定された相続財産ではありませんが、相続税がかかります。

  • 死亡保険金、共済金。
  • 死亡退職金。
  • 被相続人が保険料を負担していた保険金。
  • 退職年金、郵便年金など

③被相続人の死亡前の3年以内に贈与された財産

贈与とは、財産を他人に無償で与えることです。
被相続人が死亡した前日から3年以内に、財産を他者に贈与していた場合、贈与された人はみんな相続税がかかります。