相続の方法には、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つの方法があります。
ここでは、「単純承認」と「限定承認」について説明していきます。

単純承認とは

単純承認とは、被相続人の権利や義務を無条件に引き継ぐことをいいます。
一般的に、この単純承認を相続といっています。
そのことから、相続の開始(通常は被相続人が死亡した日)から3ヶ月を過ぎると、自動的に単純承認したことになります。
また、3ヶ月を過ぎなくても、相続人が遺産を処分したり、遺産を隠したり、故意に財産目録に記載しなかった場合にも、単純承認したことになります。

限定承認とは

限定承認とは、遺産の範囲で被相続人の債務を弁済することをいいます。
この方法をとると、被相続人の債務を相続人の財産から弁済する必要がなくなるというメリットがあります。
また、財産が残ればそれを相続することができます。
申請の手続きは相続放棄と同様に、相続の開始から3ヶ月以内に行う必要があります。
限定承認は手続きが複雑なため、限定承認をご検討の場合は税理士等にご相談する方が賢明でしょう。