相続放棄とは

相続人が、受け取るはずの遺産の相続を放棄することを相続放棄といいます。
遺産の相続を放棄するケースは、被相続人(親など)が多額の借金を負っていたり、連帯保証人になっていたりした場合に、それらの負の遺産を相続しないためなどに利用されます。
このように、相続放棄の一番のメリットは、被相続人の抱えていた借金を支払う必要がなくなることでしょう。

しかし、相続放棄は相続人の意思だけでは完了せず、正規の申請が必要になります。
相続放棄の申請は、相続の開始(通常は被相続人が死亡した日)から3ヶ月以内に行う必要があります。
この期間を超えてしまった場合には、自動的に相続を承認(単純承認という)したことになります。
この相続の放棄は、原則として相続人が被相続人の住所地を管轄している家庭裁判所に申請することになります。

相続は、その人が望むと望まないにかかわらず訪れるものです。
遺産は必ずしも魅力的なものばかりとは限りません。
親の借金を知らずに相続して破産したというケースも聞かれています。
負の遺産を相続することがないようにするためにも、相続放棄についての正しい知識を知っておきましょう。