生前贈与とは

生前贈与とは、自分の財産を生前に他の人に無償で与えることをいいます。
相続税対策としても利用される生前贈与ですが、「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」のどちらかの制度に基づいて贈与税が計算されます。

一般的な贈与である単純贈与で贈与を受けた場合は、「暦年課税制度」に基づいて贈与税が計算されます。
この場合、金額が年間で110万円を超えた時に贈与税が発生します。

この暦年課税では1年間の基礎控除額が110万円のため、110万円以下の贈与であれば贈与税は発生しません。
しかし、相続税を逃れるために贈与を行うことがないように、暦年課税制度の贈与税は相続税よりも税負担が高くなっています。

相続時精算課税制度は、65歳以上の親が20歳以上の子に贈与する場合に利用できる制度になります。
これは相続税と贈与税を一体化した制度で、65歳以上の人に資産を動かしてもらい、経済を活性化することを目的に制定されました。
2,500万円までは贈与税は課税されませんが、暦年課税の110万円という基礎控除は使えなくなります。

生前贈与は、相続税対策を目的として行われる場合がありますが、正しい知識を基に行わなければ、生前贈与のメリットが得られない場合が多々あります。