相続順位とは

相続順位とは、相続を受ける順位を法的に定めたものをいいます。
法律上、相続の権利を有する者は、被相続人の配偶者と血縁者になります。
被相続人の配偶者と子供は、相続順位に関係なく法定相続人とみなされます。

子供は相続順位の第1順位にあたり、被相続人に子供がいなかった場合に、第2順位の対象者が相続人に、第1順位と第2順位がいなければ第3順位の対象者が相続人となるのです。

【相続順位】

第1順位……子供
第2順位……親
第3順位……兄弟

相続順位によって、相続の割合も違ってきます。

【相続順位による相続の割合】

第1順位……子供1/2 ・ 配偶者1/2
第2順位……親1/3 ・ 配偶者2/3
第3順位……兄弟1/4 ・ 配偶者3/4

内縁の妻や愛人には相続権が発生しないことも覚えておきましょう。
ただし、その人たちとの間に生まれた子供を認知していた場合には、その子供には相続権が発生します。
また、内縁の妻や愛人との子供だけでなく、養子にも相続権が発生します。

しかし、被相続人に実子がいる場合には、養子は1人までしか法定相続人になれません。
実子がいなかった場合にも、養子は2人までしか法定相続人にはなれません。

このように、相続順位だけをとってみても、相続の仕組みは非常に複雑です。