相続税とは

相続税とは、被相続人が死亡することによって相続人が受け取る財産に掛かる税金のことをいいます。

土地や建物、預貯金や有価証券だけでなく、死亡保険金も相続財産とみなされ相続財産に上乗せされますので、遺産分割の際には注意が必要です。
また、遺産分割の協議が整うまでは、遺産は原則として相続人全員の共有となるため、相続人のひとりが単独で手をつけることはできなくなります。

相続をしたら必ず相続税がかかるわけではなく、遺産の評価額が基礎控除の金額以下であれば相続税は掛かりません。

【基礎控除の金額の算出法】

基礎控除=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

相続税の申告と納税は、相続開始を知った日(被相続人の死亡を確認した日)から10ヶ月以内という期限が定められています。
気をつけたい点は、この期限内に相続人の全員が申告と納税をしなければいけないことです。
そのため、遺産分割の協議は、この期限を考慮にいれて行わなければいけません。
また、被相続人が住んでいた地域の税務署で、相続税の申告は行う必要があります。

法律の知識を有していない人にとって、相続税の申告は骨の折れる作業だといえます。
不慣れな手続きに頭を悩ませるよりも、相続税の申告は法律のプロに任せた方が安心で確実です。