相続税は、相続人が遺産を相続する際に発生する税金になります。
遺産相続という言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、実際の手続きは非常に繁雑で、法的知識のない一般の方が行う場合には、実に多くの時間と労力を費やすことになります。

相続税の申告・納付は、相続人たちの間で行われる遺産分割の協議が整ってからになるので、ひとくちに相続税といっても簡単なものではないことがわかります。
申告・納付する相続税の算出も非常に複雑です。
課税される相続財産も多岐に渡り、一般の方にとって、それらを正確に判別することすら難しいといえます。

相続権が発生するのは、被相続人の配偶者と血縁者になります。
しかし、血縁者の全てが相続人になれるわけではないので注意が必要です。

相続の手続きは多岐に渡るため、法律のプロにお任せすることがベストな選択でしょう。
下村昇治税理士事務所は相続税に強い税理士事務所ですので、相続税に関することでお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。